プロフィール

佐竹

Author:佐竹
医学生。
医学部学士編入試験に合格しました。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

EMPTY
学士編入に合格しました
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

追加合格
愛媛大学医学部の追加合格が回ってきた。29人もいたのに、よく回ってきたものだと感心する。
すでに入学手続きも終わって部屋も決めたから、辞退したけれど。
体が二つあれば、そっちにもいきたいくらいだね。

そういえば、小説の方も新人賞を取ったので、作家になることになった。
人生、うまくいくときはいくものだと思う。
スポンサーサイト
H26 ダイジェスト
お久しぶりです。
3月に願書を書き始めて、この11月にようやく合格が決まりました。
卒業できれば来年からは医学生ということになります。

お役立ち情報のようなものを少しだけ書いておきます。

まず、一番時間を取られるなあと感じたのは、願書でした。十校以上受けたので、費用も当然ですが(百万かかりました)、手書きの自己推薦書などはかなりの時間がかかりました。それから、北海道からなのでどこでも飛行機に乗らなければならず、その間はほとんど寝ていました。面接の待ち時間なども勉強はするような気分にならないので、やはり去年よりは想像以上に時間がとれませんでした。

受験が始まる前にある程度の学力は確保しておいた方がいいと思います。

それから、実際に受験するにあたって、これだけは押さえておきたいことですが、「自分の専門分野をいかに医学にいかしていくか」ということだと思います。これはどこの大学でも聞かれます。
できるだけ具体的に、こじつけでもいいので数を用意しておくと、対応しやすいでしょう。たとえば、歯科医の方は、口腔内について、医学と歯学の融合のようなことを語っておられました。
私は電気系だったので、筋肉の制御などについて、サーボ系やブロック線図といったものを交えて話しました。

研究系の大学ならば、それだけで十分だと思います。あとは体力や医療の話題などありきたりなことが聞かれるだけです。臨床系ならば、なぜこの大学なのかということなど、いわゆる地域医療に関したことが聞かれるので、そちらを準備しておく必要があります。


受けた大学について 推薦書ありは大学目の前に○

富山大学
泊まり込みでの試験になります。試験官の方はフレンドリーです。
しかし面接だけでなく学科も重視しているようでした。
また、今年から一番早い前期入学なので、レベルが上がったらしく、今年は全員とってもいいくらいだとおっしゃっていました。
科目は書類・物理生物英語・面接。物理は大学レベルでした。

○愛媛大学
学科試験は選抜後、最終合格には関連しないそうです。推薦書は書いた人+他2名の名前がいるので、割と面倒です。
今年は29人も学科を突破してしまったので、面接できまるとなるとほぼ運でした。相性次第では合格しやすい人もいるのでしょう。面接時、疲れているのは分かるのですが、あくびをされたのであまりいい印象はないです……。
科目は物理化学生物英語・面接。化学は高校レベルで合格点はとれます。物理は大学レベルでした。

東京大学
これは大学院ですが、4年次ならば滑り止めとして使いやすいです。
どうしても生物系の就職状況はよくないので東大にしたのですが、新領域のメディカルや先端生命などは編入の勉強にも丁度よく、編入合格レベルに達していればまず落ちないでしょう。

北大
自分のところなので受けましたが、レベルは高いです。
今年は自然科学で物理・統計が7割程度だったので、生物だけやってきた人は全滅でした。それも量子力学や、かなり複雑な統計の問題だったので、そういった出身の人ならば余裕かもしれません。来年はどうなるか分かりませんが。
四年通っているので何とも言いがたいですが、札幌駅周辺に限定すれば、東京に次ぐ都会だと思います。雰囲気も割と似ています。もちろん、それ以外はさほど栄えているわけでもなく、札幌以外の都市は田舎なのですが。
周囲の満足度はかなり高いようなので、悪くないんじゃないでしょうか。私は仮面浪人と編入を受けたせいか、最後まで全く愛着が持てませんでしたが。

新潟大学
大学はとてもきれいでした。街も都会的です。
どうにも受験人数が例年より多かったのですが、少ない年は50人程度しか受けていないようです。
ですが、かなりハイレベルらしく、私は学科で落ちました。
科目はTOEIC数学物理化学生物のフルセット。生物が非常に簡単な反面、他はすべて大学レベルで、化学ができなかったのが原因でしょう。すべての対策が必要になると思います。

○長崎大学
新潟から日程が続きます。ここの推薦書は直属の上司限定らしく、社会人だとつらいそうです。
倍率が以上に高く、確か50倍を超えていたと思います。
科目が生物・英語だけで、医学寄りの出身の受験生を取りたいのかな、という気がしました。問題も看護系なら知っているようなものが多かったです。

○鳥取大学
去年までは理科三つが出ていたようですが、今年は生物と英語だけでした。
ここも倍率が高く、50倍を超えていたと思います。
とにかく、食事が口に合わなくてげんなりした記憶しかありません……。

○群馬大学
鳥取から連続します。ここの試験は小論文なのですが、思考力を問われる問題がほとんどです。去年はフィボナッチ数列を推測するもの、今年はナキウサギの高所で活動できる機序(知っている人はまずいないでしょう)。論述の形式が多いので、文章を書くのが苦手な人はつらいかもしれません。
面接は3分間の自己アピールをした後、受験生同士の質問。それから個人面接。ほとんど突っ込んだことは聞かれず、さらっと流されて終わりました。別の部屋ではさんざん突っ込まれた人もいたそうなので、試験官によるのでしょう。
高崎はそこそこ大きく、前橋も田舎という感じはしませんでした。住みやすそうな感じでした。

○浜松医科大学
浜松はかなり都会でした。愛知、静岡あたりは大都市ですね。
試験問題は物理化学生物英語で、かなり難しめの問題が出ます。大学一年のをやりこめばおそらく解けるでしょう。私は化学が全くできませんでした。

○金沢大学
金沢の街は歴史が感じられるだけでなく、街は非常に都会的で、個人的には一番いいなあと思いました。
ここは大学の成績証明書の他、成績を点数化したものを提出する必要があります。私はほぼ満点になりました。成績が悪いと、書類選抜で切られる可能性が高いでしょう。
科目は書類と生物と英語のオーソドックスかつ記述力が問われる問題です。英語は英訳、日本語訳がすさまじい量(B5×4)をどんと出してくるので、力がないと難しそうです。
面接は受験生同士が接触しないように、トイレも付き添いの人がいるくらいです。
時間は短く、若干圧迫気味?でした。とにかく反応が薄い。ですが、おそらくそういう指針でわざとやっているだけなのでしょう、途中でにこやかに笑ったりと、性格が分かるような面もありました。
そしてここはほぼ研究についてだけ聞かれるので、非常に答えやすかったです。私は「なぜこの大学、地域なのか」という点がたりなかったので。ただ、自分の研究を医学へとつなげていく内容をかなり詳しく聞かれるので、そこが厳しいと難しいかもしれません。

○秋田大学
百名以上の受験者の内、書類選抜で20人に減らされます。
合格したので辞退しました。
仮面浪人で落ちたところなので、二度落ちたら立ち直れなかったかもしれません笑

弘前大学
ここは合格者が20もでるので、地域枠があるとはいえ、点数を取れば受かるでしょう。点数配分も公開しています。
合格したので辞退しました。
ここも現役で落ちたところなので、受けなくてよかったです。


また、このほかにも島根、琉球、名古屋、神戸、筑波が今年受けられる大学だったのですが、日程が大学院などとかぶったので受けていません。
しかし、これだけでも一次二次と二回行くことがあったので、飛行機、宿泊代もばかになりません。
飛行機が飛ばなかったら、と新幹線で新潟→東京→長崎を移動したのですが、かなり疲れました。飛行機がおすすめです(そもそも誰も新幹線は使わないでしょう)。

落ち続けるとプレッシャーを感じてきますが、いくつも受けていれば気に入ってくれるところあるので、いかに学科を突破するかでしょう。面接は数を撃つしかありません。ある程度以上、運に左右されますから。

これからは卒論を仕上げます。卒業できないと合格しても意味がありませんから。
それでは、このへんにて。
新年
去年は思った以上に忙しく、勉強時間が取れなかった。
二学期が始まって、終わったのはイラストレイテッドくらい。
河合塾のテストは偏差値50切ってたし。解答見ても何がダメなのかよくわからん解答が多かった。語句問題は大体あってても、記述はなんだか河合塾で習ったような解答じゃないとだめっぽい。すごく偉そうに文句だけ書かれてて、ドン引きでした。

もう平成26年度なんだよ。
今年試験なんだよ、勉強進んでないっていうか、むしろ忘れた部分を一からやり直さなきゃ。必要以上の知識が増えて、基礎がおろそかになってしまった。

演習やらないと。まずは過去問とかかなあ。
第一回完成テスト
送られてきたけど、テストで忙しくてなかなか終わらなかった。
やっと終わったから、明日速達で出さないと間に合わないや。
しんどかった。
30回織田作之助青春賞
残念ながら二次落ちでした。
一次落ちでないだけまだマシだ。
11月吉日ってあるから、結果が出るのは毎回11月下旬なのかな。

創元SFとハヤカワSFに出そうと思ってたんだけど、ちっとも余裕がないや。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。